カンボジア・シェムリアップの事件についておもったこと

 

事件があってから、自分の中での消化に時間がかかっており、友人知人にも話せていなかったのですが、やっと言語化できるくらいになってきたので、記して置こうと思います。

カンボジア・シェムリアップでおきた、日本人による現地タクシー運転手の強盗殺人事件についてです。

 

https://www.fnn.jp/posts/00414436CX

 

私は2017年から2018年のあいだにカンボジアに4回入国しており、そのうち3回シェムリアップに訪れています。

 

はじめてシェムリアップを訪れたのは2年前の今頃で、当時は私生活の人間関係で疲弊していて、人と関わることよりもひとりで実行できること、ひとりで考えて決める範囲をもっとひろげようと思ったのがきっかけでした。

それ以前にも、ひとり旅と称してハノイや上海に訪れたことがありましたが、ひとりで旅程を考えて場当たり的に行動をしたのは、シェムリアップが初めてだったと思います。

 

シェムリアップは、首都プノンペンと比べると都会的な場所ではありませんし、日本からの直行便がないので他の東南アジアの都市に比べればやや便の面で不都合を感じることもあるかもしれません。隣国のタイやベトナムに比べるとカンボジア料理もそんなに馴染みがないように思います。

だけど、そんなこともちっぽけに思えるくらいにはアンコール・ワットはじめアンコール遺跡群から感じる生命力はすさまじく、圧巻です。

それにあわせて、アンコール遺跡群に向かう道をトゥクトゥクで駆け抜ける風だとか、移動中に食べる地元のおばちゃんが作るおいしいクロラン、移動疲れを忘れさせるパブストリートで飲むアンコールビール、「スオスダイ、ソクサバイ?」なんて覚えたてのクメール語での交流だったり、どれもこれもシェムリアップは唯一といっていいほど最高のものが揃ってると思います。

 

遺跡でいうと、天空の城ラピュタのモデルとなったといわれる、ベンメリア遺跡が個人的には大好きです。

だいぶ稚拙な文章にはなってますが、こちらの記事で書いてますので、興味あればみていただけますと...

 

自分が「日本人だから」「女性だから」なんて主語で括られるのがいやで、彼らに対しても「カンボジア(クメール)人だから」なんて言い方はしたくないので慎重に言うのですが、少なくとも私がシェムリアップで現地の人とコミュニケーションをとる中で嫌な思いをしたことは一度もありません。

ゲストだからなのか、日本人だからなのか、女性だからなのか、そうなのかもしれないですし、私の当時の状況もあるので補正がかかってるかもしれないです。

ただ私は一番自分が弱っているときに、掛け値なしにそばにいてくれたシェムリアップの人たちに今でも感謝していますし、私にそんな転機をあたえてくれたアンコール遺跡群があるシェムリアップという場所が大好きだということだけです。


そんな思い入れのある場所であんなことがおこり、現地の友人が Facebook でこのニュースをシェアしているのを見ると、なさけないというかやるせないというか、怒りなのか悲しみなのか恥なのか、よくわからない気持ちに苛まれます。

ニュースで亡くられたタクシー運転手や遺族の方を拝見して、余計にその気持ちが増しました。

またタクシーの運転手という職業に関しても、鉄道のないシェムリアップにおいては珍しくない職業で、観光産業が主ですので不特定多数の外国人が利用する手段です。

私にはトゥクトゥクドライバーの友人がいるので、亡くなった運転手についても友人知人の可能性だってあるし、もっといえば、その友人が巻き込まれていたかもとか、今後そんなことが起こりうるかもしれないと思って気持ちが落ち込みます。

 

彼らにそんなことが降りかからないとしても、最初はボラれたけどその後意気投合(?)して無償で遺跡案内してくれたあのトゥクトゥクドライバーの青年とか、「髪きれい!彼氏いるの?どんな人?」って質問ぜめのスパの女の子とか、夜コンビニ前のベンチでアンコールビール飲みながら日本とカンボジアの文化の違いについて話してた現地の若者とか、現地の人と私のささやかな思い出に薄暗いモヤがかかっているような気分です。

 

 

その地に行くことが一番と昨年までは思っていたのですが、旅も寄付も募金もどれも今の自分の気持ちを表現するにはいまいちしっくりきていません。もちろん、募金や寄付も考えていますが、多数立ち上がっている募金先の選定にまだまだ時間がかかりそうなのと、募金や寄付をして整理がつくような話ではないからです。

 

「じゃあ何をするのよ」の質問にはまだ答えられそうにないです。ずっと考えてるかもしれないですが、いったん言葉としてこのブログに記しておきます。

 

カンボジア・シアヌークビルに行ってきましたという話

 

カンボジアは4回目の往訪で、国内の都市としてはシェムリアップ、プノンペンに次ぐ3都市目になります。

 

ちなみに行ってきたのは8月のお盆の時期でカンボジアは雨季真っ只中です。どこもすいてて私は快適でしたが、リゾート感を満喫するならやっぱり11月から2月の乾季が狙い目でしょうね。

 

シアヌークビルってどこか

 

 

プノンペンの西側、シェムリアップからみると南の海岸沿いにある都市です。

陸路でもいけますし、国際空港もあるので空路でいくこともできます。今回はちなみに、クアラルンプール経由でいきました。

 

ちょっとまって、シアヌークビルからカンボジアに入国できなくない...?→できた

 

以前投稿した記事でも書いたのですがカンボジアはビザが必要でして、もちろん空港の窓口でも申請できるんですが死ぬほど混雑するので、私は毎回e-vizaを利用していたんですね。

どこから入国する予定か記入するところがあるんですが、シアヌークビルがないんですよ。

 

 

で、在日カンボジア大使館のサイトを確認したらやっぱり入国できる都市には入ってないので「あ、これ詰んだな?」とか思ってたんです。行きの航空券は買っちゃってましたし。

「いやでも入国できないのに国際空港ってwwwwwできるっしょwwwwwwうけるwwwww」と思いつつ、日本人だけど入国できるかね?と空港に問い合わせたらこのような回答が。

 

In regard to your question below, please be informed that visa-on arrival is available at Sihanouk International Airport and Japanese nationals can apply for it when you arrive in Sihanoukville.

 

いけそう(いこう)

 

結果入国できましたので、手順を書いておくと

 

  1. 到着ゲートに入ってすぐ目の前に窓口があるのでそこでビザ申請書類をもらう
  2. 記入した書類と30ドルと申請用の写真(確か3.5×4.5cm)とパスポートを窓口に提出
  3. 発行されたビザつきのパスポート返却してもらって、そのままpassport controlへ

 

申請用の写真を忘れても2ドルで写真撮ってくれるみたいです。あと写真のサイズ間違えて免許証の小さいサイズ持っていってしまったんですが、申請できました。

 

窓口ってなんだよ雑すぎだろって思った方、シアヌーク空港の到着ゲートは京成みどり台駅ほどのサイズですので絶対に迷わないです。窓口一個しかないので、安心してください。

 

上記の申請と、飛行機で爆睡してて税関申告書と出入国カードもらうの忘れて空港でもらったりしてモタモタしてたら、複数の空港の職員のひとが色々気にかけておしえてくれました。本当ありがとうございます。幸あれ。

 

シアヌークビルにはビーチがいくつかあるので事前にチェックしたほうがいいかも

 

シアヌークビルにはオートレスビーチ、セレンディピティビーチなどたくさんのビーチがあるみたいです。今回はもうあんまり遠出せずにホテル周辺でのんびりしようと決めてたので、ビーチ近くのホテルに滞在しよう〜ということでオーチュティルビーチにしました。

 

 

 

 

 

 

けっこうよかったのでおすすめです。今度は別のビーチにいきたいな。

 

空港から市内まではタクシーだと20USドル

 

シェムリアップと比べるとやっぱ高く感じますね。トゥクトゥクだと17ドルとのことでした。

空港内のタクシーだったので定額でしたが、空港外で客引きしてるドライバー相手ならディスカウントできるかもしれませんね。私は安心を買いましたが…

 

海でのんびりを味わうのなら、シアヌークビルも選択肢に!

 

今回は雨季だったのもあって人が少なかったのもあるのですが、シェムリアップやプノンペンよりも人が少なく静かですし、他の国のリゾートと比べてまだまだ開発途上にあるのでゆったりできます。

食事の価格帯もほぼ国内の都市のレストランと同水準かなと思います。ひとつ難があるとすれば、おみやげを買うようなモール的なところがないことですね…

 

安価で行けるわりに日本人も居なくて隠れ家感があるので、ぜひ行ってみてください〜