むかしの音楽の歌詞

いま非常に酔っぱらっているのでなんか昭和なこと書いていいですか

私すっごい60〜70年代の音楽を始めとした文化だったりとか政治が好きなんです。
元を辿ると懐メロ特番で聴いた、八神純子の「みずいろの雨」か
渡辺真知子の「かもめが飛んだ日」がそのルーツなのかな とか
それとも親が大好きでよく聴いているCASIOPEA なのかとか
たぶん全部なんだろうなあ

そこからどんどん下ってって60〜70年代に行き着いたってかんじなのだと思うのですが
タイトルの通り、むかしの音楽、歌謡曲って歌詞がすごく魅力的なんですよね

私は世代でいうと、宇多田ヒカルだとかMISIAだとかaikoだとかを学生の時
聴いていた世代なので、その人たちの曲とともに生きて来た感はすごく強いし
歌詞を聴いて「ああ・・・そういや海、行ったなぁ」みたいな事もあるんです一応
こう見えても。

あの時から前述の渡辺真知子だとかは好きだったんですけど、
20歳すぎたあたりからだんだん歌詞がひびくようになりました。
21歳の時はテレサテンの「つぐない」がすごく心にひびいて
あの歌詞だけで瓶ビール1本は飲めてましたね。三木先生・・・惜しい人を・・・

あとやっぱり歌詞だと阿久先生は外せない
ジュリー好きとしてはやっぱりジュリーの曲を第一におしたい所だけど
パッと思いつくのはペドロ&カプリシャスの「五番街のマリーへ」か
森田公一とトップギャランの「青春時代」かなあ




もちろん歌詞だけじゃなくて森田公一や高橋真梨子の声が絶妙に
マッチしてるからなんだろうけども

まだいろいろ書きとめたいことはあるけどもう眠い
寝るわ
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL