カンボジア・シアヌークビルに行ってきましたという話

  • 2017.08.31 Thursday
  • 14:00

 

カンボジアは4回目の往訪で、国内の都市としてはシェムリアップ、プノンペンに次ぐ3都市目になります。

 

ちなみに行ってきたのは8月のお盆の時期でカンボジアは雨季真っ只中です。どこもすいてて私は快適でしたが、リゾート感を満喫するならやっぱり11月から2月の乾季が狙い目でしょうね。

 

シアヌークビルってどこか

 

 

プノンペンの西側、シェムリアップからみると南の海岸沿いにある都市です。

陸路でもいけますし、国際空港もあるので空路でいくこともできます。今回はちなみに、クアラルンプール経由でいきました。

 

ちょっとまって、シアヌークビルからカンボジアに入国できなくない...?→できた

 

以前投稿した記事でも書いたのですがカンボジアはビザが必要でして、もちろん空港の窓口でも申請できるんですが死ぬほど混雑するので、私は毎回e-vizaを利用していたんですね。

どこから入国する予定か記入するところがあるんですが、シアヌークビルがないんですよ。

 

 

で、在日カンボジア大使館のサイトを確認したらやっぱり入国できる都市には入ってないので「あ、これ詰んだな?」とか思ってたんです。行きの航空券は買っちゃってましたし。

「いやでも入国できないのに国際空港ってwwwwwできるっしょwwwwwwうけるwwwww」と思いつつ、日本人だけど入国できるかね?と空港に問い合わせたらこのような回答が。

 

In regard to your question below, please be informed that visa-on arrival is available at Sihanouk International Airport and Japanese nationals can apply for it when you arrive in Sihanoukville.

 

いけそう(いこう)

 

結果入国できましたので、手順を書いておくと

 

  1. 到着ゲートに入ってすぐ目の前に窓口があるのでそこでビザ申請書類をもらう
  2. 記入した書類と30ドルと申請用の写真(確か3.5×4.5cm)とパスポートを窓口に提出
  3. 発行されたビザつきのパスポート返却してもらって、そのままpassport controlへ

 

申請用の写真を忘れても2ドルで写真撮ってくれるみたいです。あと写真のサイズ間違えて免許証の小さいサイズ持っていってしまったんですが、申請できました。

 

窓口ってなんだよ雑すぎだろって思った方、シアヌーク空港の到着ゲートは京成みどり台駅ほどのサイズですので絶対に迷わないです。窓口一個しかないので、安心してください。

 

上記の申請と、飛行機で爆睡してて税関申告書と出入国カードもらうの忘れて空港でもらったりしてモタモタしてたら、複数の空港の職員のひとが色々気にかけておしえてくれました。本当ありがとうございます。幸あれ。

 

シアヌークビルにはビーチがいくつかあるので事前にチェックしたほうがいいかも

 

シアヌークビルにはオートレスビーチ、セレンディピティビーチなどたくさんのビーチがあるみたいです。今回はもうあんまり遠出せずにホテル周辺でのんびりしようと決めてたので、ビーチ近くのホテルに滞在しよう〜ということでオーチュティルビーチにしました。

 

 

 

 

 

 

けっこうよかったのでおすすめです。今度は別のビーチにいきたいな。

 

空港から市内まではタクシーだと20USドル

 

シェムリアップと比べるとやっぱ高く感じますね。トゥクトゥクだと17ドルとのことでした。

空港内のタクシーだったので定額でしたが、空港外で客引きしてるドライバー相手ならディスカウントできるかもしれませんね。私は安心を買いましたが…

 

海でのんびりを味わうのなら、シアヌークビルも選択肢に!

 

今回は雨季だったのもあって人が少なかったのもあるのですが、シェムリアップやプノンペンよりも人が少なく静かですし、他の国のリゾートと比べてまだまだ開発途上にあるのでゆったりできます。

食事の価格帯もほぼ国内の都市のレストランと同水準かなと思います。ひとつ難があるとすれば、おみやげを買うようなモール的なところがないことですね…

 

安価で行けるわりに日本人も居なくて隠れ家感があるので、ぜひ行ってみてください〜

(1)三十路女のカンボジアひとり旅・プノンペン

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 00:00

すっかりカンボジアにハマってしまって、軽率にまた行ってきました。なんと今年だけで3回目です。うけるね。

 

初めての国内線でプノンペンへ

 

成田からベトナム航空でホーチミン経由でシェムリアップへ。数日滞在したのち、カンボジア国内線・Bassaka Airでシェムリアップからプノンペンへ行きました。

 

シェムリアップでは利用しているホテルは毎回一緒なので大きな荷物はそこにおいて、最低限の荷物だけ持って空港へ。

国内線なのでチェックインに時間かからないだろうなーと思って、出発1時間前に空港着いたけどガラガラ。

 

 

 

国内線の待合スペースは簡易的な飲食スペースとお土産屋さんがちょこっとあるくらいですね。

現地の人、中国人観光客、欧米人…利用者はさまざま。

 

 

ちなみに24ドルという破格だったので乗るまではヒヤヒヤだったのですが、サービスはとても良かったです。パーサーも終始笑顔で親切でしたし、救命胴衣の使い方もスタッフ全員で実演して説明していたり、個人的には好印象だったのでまた使いたいです。

 

プノンペン空港から市内まで出る

 

シェムリアップ空港は空港外に出ると客引きのドライバーがいるのでいつもそこを利用するのですが、プノンペンは初めてちょっと迷いました。

 

今回使ったのは、到着出口すぐにあるトゥクトゥク・タクシー乗り場です。乗り場近くにチケット売り場があるのですが、そこにいるスタッフに行く場所を伝えます。チケットを購入…と思ったらチケットだけ渡されて、降車時に払うスタイルだったみたいです。

タクシーは15ドル、トゥクトゥクは8ドル?くらいだった気がします。

 

市内まで混んでなければ30分、混んでると1時間って感じですかね… 来訪したのは土曜でしたが、40〜50分くらいかかりました。現地在住の人曰く「平日の方が混んでるよ」とのことだったけど、平日はもっとやばそうだな。

 

市内周遊

 

シェムリアップと比べると、たくさんの高層ビルが目につく大都会という感じです。シェムリアップは観光客の外国人が多く見られましたが、ここは住んでいる外国人が多かったように感じました。

バイクが多いのは、東南アジアならではという感じで個人的は大好きな風景。煙いですけどね。

 

 

 

フランス建築と外国人向けのマンションや外資系オフィスビル、ホンダのバイクが入り乱れています。

 

 

現地在住の友人と落ち合い、早速ローカルフードを!このスープがめちゃくちゃ酸味と辛味のバランスが絶妙でうまいのなんのって…

同じ店でコーヒーを焙煎していたので、いただきましたがめちゃくちゃ美味い。生きてて良かった。

 

雨の中、観光

 

軽率に行ってるものの、6月はカンボジア雨季なんでね…日本の梅雨と違いえげつない強さの雨が降ります。

雨の中バイク2ケツで観光したけど、一日中湿り気を帯びてました。これが6月の東南アジアなんですね、わかります。

 

市内には王宮がありますが、シェムリアップの遺跡同様、肌を露出してると入場できません。こういうことがままあるので、マーケットでよく売ってるアリババパンツとか巻きパンツみたいなものを持参しておくといいのかなーと思いました。かさばらないですしね。

 

 

 

こちらは王宮内の様子。晴れてる時にも見てみたいけど、これはこれで素敵な体験。

 

 

降ったり止んだり…の繰り返し。

 

image1.JPG

 

こちらはワットプノンというお寺です。入り口付近にでっかい時計があるのが目印。Khmer Big Benて感じ。

ちなみにここは露出控えなくても大丈夫そうでした。

 

image2.JPG

 

S21にも行ったんですが、さすがに写真とる感じにはなれませんでしたね… ただカンボジアの文化や歴史を学んでる者としては、行っておいて良かったと思います。

 

image5.JPG

 

夕飯はおなじみアンコールビールとともにクメール料理を。やはりスープが美味い。

 

image4.JPG

 

友人がめっちゃ写真撮ってくれるんだけどあんまり撮られることになれてないので、アタフタしてたらもうシャッター切られてた私。

 

次回につづきます。

recent comment

  • Photoshopで書き出す時に色が変わる(プロファイルじゃない)
    かしま (10/13)
  • Photoshopで書き出す時に色が変わる(プロファイルじゃない)
    yama (10/13)

profile

かしま

profilephoto

千葉市生まれ千葉市育ちです。
Webサービスをつくっている会社でスクラムやったりデザインしたりコーディングしたり、休日は泥臭いものを見たりご飯を作ったりしています。
Twitter:@takidev
suzuri:kashimamegumi

search this site.