ブログの説明文で沢田研二のこと言ってるからなんとなくジュリー

のことでもー

聞かれた時に全部を説明するのがめんどくさいのでジュリーが好きです、とは言ってますが
決してジュリー「だけ」が好きな訳ではないんですよね
私はもともと渡辺真知子や八神純子のようなパワフルな女性歌手の曲を懐メロ特番で見て
編曲家やプロデューサーをたどって、ジュリーという歌手にいきついたわけなのですが、
ジュリーが好きというよりも、ジュリー周辺が好きなんです ピンクレディにも言えるのですが

ジュリーも好きだし、タイガースも好きだし、井上堯之とか大野克夫も好きだし、
安井かずみも加瀬邦彦もワイルドワンズも好きだし、GSも、当然ショーケンも好きだし、
なんか、「あのへん」が好きなんです。「あのあたり」が。
ただ「あのあたり」の話をするとジュリーってすっごくでっかい存在なんですよね
ジュリーって60年代後半から80年代にかけてめちゃめちゃスター街道を歩んでる人なので
ジュリーで「あのあたり」の文化だとか政治だとか語れちゃうくらいのかんじなんですよ
見目麗しさだとかは、正直好きになってだいぶ後に実感したくらいなもんで

ジュリーは60'だとGSアイドル期、70'だとソロ活動期、80'以降はビジュアル期ってかんじで
私は前述のとおり元スパイダースの井上堯之だとか大野克夫がすきなので
好きな曲も70'なんですよねーー(2人とも80年までバックバンドや楽曲提供をしていた)


ソロ期だとロンリーウルフがいちばん好きです。
でも勝手にしやがれがレコ大受賞したときの映像の再生回数は半端ないけど

私あれできるな、ジュリーの名曲でたどる昭和史60'〜70's